レポート
メンバー
データ
お問い合わせ

前言

本レポートは、2050年までにカーボン・ニュートラルを実現するための、2030年までのロードマップを示すものである。これは、日本のグリーン・ニューディールであり、コロナ禍からのグリーン・リカバリー(緑の復興)を実現するための具体的提案(グリーン・リカバリー戦略:GR戦略)である(私たちは、グリーン・ニューディールとグリーン・リカバリーという言葉を、ほぼ同じ意味で用いる)。

2020年10月26日、菅首相は、新たな目標として「2050年カーボン・ニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)」を表明した。また、2020 年12 月25 日、政府は「2050 年カーボン・ニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を発表した。しかし、後者においては現行の目標や政策の大きな変更は見られず、このままでは、前者は単なるスローガンに終わってしまう可能性が極めて高い。

一方、世界では、欧州グリーンディールや韓国ニューディールなど、景気回復や雇用創出、そして脱炭素をめざして、政府レベルでグリーン・リカバリーの具体案が打ち出されている。また、第46 代米大統領に選ばれたバイデン氏の気候変動・エネルギー政策も、これらと軌を一にするものである。

日本では、2019年6月に私たちが「原発ゼロ・エネルギー転換戦略」(未来のためのエネルギー転換研究グループ2019)を発表した。これは、その具体性および包括性という意味で、唯一の日本版グリーン・ニューディールであり、政府による現行のエネルギー基本計画の代替案である。

私たちは、この「原発ゼロ・エネルギー転換戦略」をベースに、本レポートにおいて、GR 戦略として2030年までの数値目標、投資額、経済効果(GDP追加額、エネルギー支出削減額、雇用創出数)、CO2排出削減効果、大気汚染対策効果(PM2.5による早期死亡者回避数)、政策、失業対策、財源などを、具体的かつ体系的なロードマップとして提示した。このGR 戦略によって、日本でのグリーン・リカバリー、グリーン・ニューディール、エネルギー基本計画改訂、温室効果ガス排出削減数値目標(NDC)引き上げ、そして「2050年カーボン・ニュートラル」に関する具体的な議論が深まることを期待する。

未来のためのエネルギー転換研究グループ

主な執筆者(五十音順)

Service image

明日香壽川

(東北大学教授)

Service image

甲斐沼美紀子

(地球環境戦略研究機関研究顧問)

Service image

佐藤一光

(岩手大学准教授)

Service image

槌屋治紀

(システム技術研究所所長)

Service image

西岡秀三

(地球環境戦略研究機関参与)

Service image

朴勝俊

(関西学院大学教授)

Service image

松原弘直

(環境エネルギー政策研究所理事)

お知らせ

2021年2月吉日

世界の潮流に沿った炭素ゼロへのロードマップ「コロナ禍からの日本版グリーン・リカバリー」を初公開!

プレスリリース>>

ダウンロード>>

2021年2月25日14:00〜15:30

日本版GRのウェビナーを開催予定 @ZOOM

14:00 「日本版GR案の紹介」 明日香壽川

14:20 「GR/GNDは欧米の政治を動かす」 朴勝俊

14:40 「日本版GRの経済効果と財源」 佐藤一光

15:00 質疑応答

お問い合わせフォーム